フリーランスは全てを自己責任で行う孤独な稼業です。オールマイティに仕事をこなす必要があることから、いかに効率良くこなすかによって年収も異なります。大抵は会社員時代と変わらないか、あるいはそれよりも少ない収入となっています。けれども数%の人は、1000万円以上の年収を稼いでいるものです。この違いは、いかに孤独な時間を上手く管理しているかにあります。時間を自由に使えるフリーランスのデメリットは、その時間管理も自己責任で行なう必要があることです。高い年収を得ている人は、それを無理なく行っています。いわゆるワークライフバランスが上手く取れているわけです。適度に休養を取って体調管理を行い、モチベーションを維持しています。

そして常に一定の時間を確保してスキル磨きなどの自己鍛錬を行っているものです。フリーランスの仕事は、いかに特殊な技術を求められるものに対応できるかが重要となります。そのために必要とする技術を常に習得して、様々な依頼に応えることができる準備をするわけです。もちろん、そのような仕事は単価が高いことから、収入が増加することにつながります。そして空いた時間でさらにスキルを磨いたり、あるいは健康維持のために運動したりするわけです。このような余裕を生み出す仕組みを作ることができる人は、孤独な時間を上手く活用して高い年収を得ることになります。逆に安い単価の仕事ばかり得るような人は、仕事に追われて収入も増えないものです。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required