フリーランスで仕事をしていくにあたって苦労があります。フリーで活動していくということは一人で仕事を行っていくということですから、自分の力で仕事を勝ち取っていかなければなりません。自分の力で仕事を勝ち取るという行為は苦労する部分ではありますが、フリーで活動していくことにおいては大きなメリットでもあります。営業力や交渉術を駆使すれば高額な仕事を請け負うことも可能です。仕事量の調整もしやすい立場にありますから、スケジュールを上手く管理できるのであれば体調を崩してしまうことも少ないでしょう。

またフリーランスが苦労を感じる部分として孤独な環境であることも挙げられます。会社に勤めている立場であれば同僚が居ることや後輩が入社してくることで刺激を受ける環境が出来上がるため、切磋琢磨しながら技術を向上させることができるでしょう。対してフリーで仕事を行っていく人には明確な競争の相手が居ないため、個人能力を高める行動が疎かになってしまうケースもあります。この競う相手が明確でない状況を改善するためには、自ら競う相手を見つけることが重要になってくるでしょう。

商売敵を見つけて、その相手に負けないようにという意識を持てば自ずと技術を向上させようという意識が芽生えてくるはずです。そうなれば常に高い技術力を身に付けられるので、高額な仕事の依頼をもらえる確率は高くなるでしょう。高い技術を求めることで人と関わる回数も増える傾向にありますから、フリーランス特有の孤独な状況も改善できるはずです。
孤独なイメージが定着しているフリーランスについて紹介されているサイト:【孤独に耐えられないフリーランスはどうする?

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required